Posts Tagged ‘間取り’

コミュニケーションを大事にできる家

我が家は、住宅で過ごす時間は家族のコミュニケーションを大事にできるような空間造りを心がけました。そこでまず取り入れたのが、人気のリビング階段です。今までは玄関からより近い場所に階段が設けられていました。そのため子どもが帰宅して直接二階の自室へ行くことができました。結果、親は子どもが帰宅していることに気付かなかったり、気づけば外出していたりと家族のすれ違いもあったことと思います。

しかし、リビング階段にすることでこのような状況を避けられます。子どもが帰宅すると家族が集まるリビングを必ず通らなければ二階には行けません。リビングで家族が顔を合わせる機会が自然と作られ、会話も生まれやすくなるのです。会話がなくても親は子どもの表情を伺うことができるためちょっとした変化にも気づいてあげやすくなるのです。リビング階段は子どもの犯罪率を下げているというデータもあるほどです。それだけ家族のコミュニケーションは、子どもの成長にとって大事なことと言えるのです。

そして、リビングの一部を吹き抜けにしました。階段を上がった先にはこのリビングに面してファミリースペースを設けています。子どもが遊ぶスペースとして利用できますし、カウンター造り付けているのでスタディコーナーや書斎スペースとしても利用できるのです。一階と二階で家族がそれぞれ別々の空間で過ごしていても吹き抜けを通して互いの気配を身近に感じることができ、気になる時は吹き抜けに向かって声をかければ一階と二階で会話もしやすいのです。

ファミリースペースは、夜家族みんなで過ごすこともあります。一階のリビングだけでなく二階にも家族で集えるスペースがあることでコミュニケーションも弾みます。家で孤立する場所がなく、コミュニケーションを深められるスペースがあることで家族の繋がりをより大事にできるのです。

家族団欒のLDK

住まいを新築する時、設計の段階で、動線を考えながら、間取りを決めていき、快適に生活するために電気配線、ガスや水道の配管を考えていきます。ガスや水道の配管については、水回りのことですし、専門家に一任することが多いのですが、電気配線というのは、もちろん、共通した部分はありますが、生活に密着したものですから、各家庭それぞれ、異なる部分もあります。

例えば、リビングスペースにしても、照明やテレビなどの配線は共通なのですが、音楽や映像を楽しむ家庭とそうでない家庭では、電気配線もコンセントの位置も違ってきます。自分たちがどのような生活をしていきたいかを考えて、電気配線を考えていかないと、不便なことになってしまいます。

私の友人が住まいを新築したのは、結婚2年後でした。結婚、妊娠、出産と大きなライフイベントを経験しながら、ご主人の実家の敷地内に新居を構えることになりました。そのため、何もかもがあわただしく、夫婦2人で、どんな生活をしていきたいかも、わかっていたつもりで、改めて、ゆっくり話す時間はありませんでした。

家族が集まり、団欒しやすいように、LDKはワンフロアにしました。
ご主人は、独身時代、ワンルームマンションで暮らしていましたが、手狭だったので、お気に入りのAV機器を今まで実家に預けていました。それらを新居のリビングスペースに置き、日々の生活の中で、音楽を楽しみたいと思っていました。それはそれで、彼女も反対ではなかったのですが、互いにそんなことを話したこともなかったし、設計の段階で、担当者と話すこともありませんでした。

住まいは、一生ものですから、生活設計をした上で、住まいの設計もした方が良いと思いました。もっと具体的に話をしておけば、収納や電気配線についても、いろいろ工夫して、より快適なリビングスペースになったと思いました。

ママのためのワークスペース

最近では、ママのためのワークスペースを確保する家庭が増えてきました。ママの行う家事は立って行うことばかりではありません。家計簿をつけたり、子どもの学校のスケジュールを確認したり、ボタンの付け替えで裁縫をしたり、座って行う家事も意外と多いのです。座っておこなう家事をより行いやすい環境を整えるにはしっかりワークスペースを設けておくといいのです。ここでは座って家事を行うだけでなく、家事の合間の休憩場所として過ごすこともできます。

私はパソコンをよく使用します。パソコンで夕飯のレシピ検索をしたり、趣味のネットショッピングをしたりパソコンを使う時間も多いので、ワークスペースを設けました。ダイニングの窓際に設けたワークスペースは、横幅があるので親子で並んで作業をすることもできます。カウンターの上にはコンセントも確保しました。携帯やパソコンの充電に最適です。窓際ということで自然の明るさを採りこみながら明るい環境で作業を行えます。カウンターの下部にはオープン棚を設けています。書類を管理していたり、パソコン関連用品を収納しています。

自分だけの居場所を設けたことで、家事の合間にここでお茶をしたり、机で行う家事がより円滑に行えるようになったのです。今まではダイニングテーブルでこれらの作業を行っており、食事の度に片付けなくてはいけませんでしたし、食事をするスペースと作業スペースが同じというのも抵抗を感じていました。しっかりとママのためのワークスペースを設けることで、ママの家事への原動力を高めることにも繋がるのでぜひ設けた方がいいと思います。

間取り

家造りを進める上でまず最初に行うことが、間取りを決めることです。この間取り決めこそが住宅の暮らしやすさに大きく関わってくるのです。それだけに生活をイメージしながら、どこに何が配置されているといいかをしっかりと考えましょう。動線を意識することが大事です。この動線には、生活動線と家事動線があります。そのどちらの動線にも配慮された住宅こそが、家族みんなが不満の少ない快適性の高い家となるとだと思います。

専業主婦である私は、主に家事動線に注目しました。主婦にとって家事は切っても切れないものだけに、いかに不満を抱えることなくスムーズに効率良く行えるかということを意識して間取りを決めておきたいものです。そこでまず家事の中心的な空間となるキッチンからの動線が大事です。キッチンで家事をしながら、洗面室で別の家事を行う機会はよくあります。それだけに一日何度もキッチンと洗面室の動線を行き来します。これらはできるだけ動線を短く、移動もしやすいようにしておくことにしました。キッチンの真横に洗面室を設けたのです。そうすれば動線は短いですし、横移動で移動のしやすさも高まります。

そして、洗面室から洗濯物干し場への動線も大事です。洗濯も毎日行う家事の一つです。洗濯を終えた洗濯物は水を含み、重くなります。重くなった洗濯物を運んで洗濯物干し場まで行かなくてはいけないので動線は短くしておきたいものです。洗濯機のあるフロアに洗濯物干し場があるといいと言われています。このように動線に配慮するだけで暮らしやすさは変わってくるだけに、しっかり意識して家族みんなにとって最高の家にしましょう。

リビング階段

住宅を購入した友人達でリビング階段の人とそうでない人は半分半分くらいです。我が家もリビング階段をするべきかどうか迷いましたが、取り入れることにしました。その理由は家族のコミュニケーションを大事にできるからです。まだ子ども達が小さい我が家は、いつも家族が一緒の時間を過ごします。しかし子どもが成長するにつれ子どもは親と過ごす時間より一人の時間やお友達と過ごす時間が増えていきます。次第に家族とのコミュニケーションの機会が失われ家族関係の悪化に繋がることもあります。

しかし我が家はリビング階段にすることでそれを避けられるのです。家族が集まるリビングを必ず通らなければ二階の部屋には行けないようにしておくことで、リビングで家族が顔を合わせる機会が増えます。顔を合わせることで親は子どもの変化に気づきやすくなりますし、家族でコミュニケーションを取る機会が増えるのです。親との時間が減っても家族でのコミュニケーションを大事にできる家となるのです。

リビング階段を取り入れなかった友人に理由を聞いてみると一番は冷暖房効率が気になるからということでした。実際に、リビング階段を採用し、二階からの冷気の流れ込みでリビング階段にしなければよかったという人もいます。ロールスクリーンを設置し対策をとっています。

しかしこれは住宅の断熱性と関わってくるのです。住宅の断熱性が高いと冷暖房効率を下げることなく、また二階からの冷気を気にすることもないのです。リビング階段を取り入れる時は、住宅の断熱性にも配慮し、足元から暖めてくれる床暖房を取り入れたりなど対策をとっておくのがいいのかもしれません。我が家は今のところリビング階段に非常に満足しています。

主婦の憧れのスペース

家事や育児に忙しく過ごす主婦が憧れる空間は家事を一か所で行える家事ルームです。最近では間取りに家事ルームを組み込む家庭も多いです。洗面室を広めに確保して、ここを家事スペースとしても活用できるようにしている家庭も多いです。
家事には365日休みがありません。休みのない家事をいかに効率良く、負担に感じず行えるようにしておくかは主婦にとってマイホームへの大きな課題だと思います。家事を効率良く、家事のストレスを感じず生活をするには家事ルームを設けて家事をスムーズに行えるようにしておくといいのです。

この空間は洗面室の隣にする場合が多いです。洗面室には洗濯機を設置します。洗面室で洗濯をし、その隣の家事ルームに室内用の洗濯物干し場を設けていれば、2,3歩移動するだけで洗濯物を干すことができます。この家事ルームにカウンターを備え付けておけば乾いた洗濯物をたたむ便利な台となります。アイロンがけをしたり、裁縫をする時にもこのカウンターがあると便利です。

そしてここに衣類をしまえるようにファミリークローゼットを設けておくのもより家事の効率を高められると思います。衣類の管理をするのも主婦の仕事の一つです。たたんだ洗濯物を各クローゼットにしまうのは意外と大変ですし、住宅内の行ったり来たりが無駄な動きです。家事ルームに家族の衣類を一か所で管理できれば家事の効率も高められるのです。

この空間で洗濯物を干し、たたみ、しまうという一連の作業を行えるので主婦が憧れる空間というのが理解できます。これから住宅を建てる人はぜひこの家事ルームを設けてみてはどうでしょうか。

室内用洗濯物干し場

私の周りには新築住宅を建てた友人が大変増えてきました。我が家も新築住宅を建てることになり、住宅へのアドバイスをたくさんもらっています。
友人達がアドバイスしてくれる中で一番言われたのが室内用洗濯物干し場をしっかり確保しておくことです。屋外用の洗濯物干し場は当然設けます。しかし意外と見落としがちになってしまうのがこの室内用洗濯物干し場です。

梅雨時期など洗濯物の干し場に頭を悩ませたことはありませんか。またこれからの時期は花粉の飛来で屋外に洗濯物を干すことに抵抗を感じる人も多いです。黄砂やPM2.5など健康に悪影響を与える物質が飛来することもあり洗濯物干し場に頭を悩ませる主婦は多いと思います。
そこで必要となってくるのが室内用洗濯物干し場です。室内にも洗濯物をきちんと干せるスペースを確保しておくことで、安心して洗濯物を干すことができます。洗濯は毎日行う家事の一つなだけにこのスペースはしっかり確保しておくといいのです。

友人宅には吹き抜けに面した二階のホールに室内用洗濯物干し場を設けていました。天井に埋め込み式の室内用洗濯物干しなので使わない時はスッキリとしまうことができるので、生活感を全く感じません。また蓄熱暖房を取り入れていたので、吹き抜けを通して温かい空気が二階にも循環し、ここで干した洗濯物がしっかり乾くというのです。
洗濯物が乾かないと干し場に困ってしまします。洗濯物がきちんと乾く環境に室内用洗濯物干し場を設けるというのもポイントです。家事動線も意識しながら最適な場所に設けたいと思います。

Copyright © 2017 学ぼう家造り!. Search Engine Optimization by Star Nine. Distributed by Wordpress Themes