Posts Tagged ‘玄関’

二つの玄関

我が家は玄関の動線を二つに分けました。メインのお客様用の玄関とその隣に設けたシューズクローク側は家族用の玄関です。このように動線を分けた理由は、メインの玄関を常にきれいに保てることです。今までは、子ども達が帰宅すると玄関には脱ぎ捨てられた靴やボールなどの物が散らかり、その光景を見る度にストレスになっていました。このように片付いていない時に限って急な来客者があるものです。インターホンが鳴って慌てて玄関を片付けることも多かったです。新居ではこの悩みを解消すべく動線を二つに分けたのです。

動線を分けたことでメインの玄関には靴や物が散らかりにくくなりました。またシューズクロークを広めに確保し、家族の靴を大容量に収納することと外で使用する物をきちんと片づけられるようにしたのです。シューズクローク側は家族用の玄関なので、脱いだ靴をすぐ横に広がるオープン棚に並べるだけなので、子ども達も自分の靴を管理するようになってきました。

靴をしまうのと同時に、外で使用したおもちゃやスポーツ用品などもその場に片づけられるのでメインの玄関に靴や物が散らかることがほとんどないのです。玄関の動線を二つに分け、どちらからもスムーズに室内へ行くことができるため暮らしやすく、物の整理もしやすくなっているのです。シューズクロークにおいては通路分を確保することで収納量は減ってしまいます。シューズクロークを設ける場合には、動線のスムーズさを優先するのか、収納力を重視するのかで変わってくるのでこのような視点からもシューズクロークについて考えてみるのもいいと思います。

二つの玄関

我が家の玄関はお客様用と家族用と玄関の動線を二つに分けました。動線を二つに分けることで、メインのお客様用の玄関を常にきれいで物や靴が散らからない玄関にすることができるのです。玄関のきれいさを保てることで、急なお客様にもしっかりと対応できます。玄関は住宅の顔とも言われる部分なだけに常にきれいで美しさを保ちたい空間です。メインの玄関横にシューズクロークを設けました。こちらが家族用の玄関にもなります。

家族の靴をオープン棚に並べ、どこにどの靴があるかが一目瞭然です。子ども達の靴は下段部分にしまい自分達で出し入れできる高さに並べ、履く頻度に合わせて中段と下段に靴を並べます。可動棚なので長靴やブーツなど高さに合わせて棚を自由にアレンジできるので、デッドスペースをなるべく生まずに靴を整理できます。靴や傘だけでなく、外で使用するアウトドア用品や洗車用品、ボールなどのスポーツ用品、ベビーカーや三輪車までもここにしまうことができます。

外で使用して汚れてもそのままの状態で収納できるスペースがあると嬉しいものです。これらはつい玄関部分やポーチ部分に置きっぱなしになりがちですが、これらがきちんとシューズクローク内に収められることで、玄関をきれいにスッキリとしておくことができるのです。シューズクロークから室内への出入りができることで、ここには室内で使用する物も収納しておくことができるのです。ドライバーなどの工具もここにしまっています。またスムーズな動線を確保することで、子ども達が自分の靴を自分できちんと管理する習慣を自然と身に付けることができました。玄関の動線を二つに分けることを私はおススメします。

シューズクローク

玄関は住宅の顔とも言われる部分です。また住宅の第一印象を決める非常に重要な空間でもあるので、常にきれいでスッキリとした空間を保ちたいものです。それを実現するために最近では玄関横にシューズクロークを設ける間取りが多いです。
玄関スペースよりもシューズクロークを重視する家庭も多いです。玄関周りのものをシューズクローク内にしっかり収めることで、例え玄関スペースに広さがなくても圧迫感を感じさせずスッキリとした玄関にすることができるのです。

シューズクロークをただ靴や傘をしまう収納スペースとして考える人は少ないです。外で使用する子どものおもちゃや三輪車、ベビーカー、アウトドア用品、旦那さんの趣味のゴルフ用品やサーフボードなど室内にしまうことのできないものを収納する土間収納スペースをシューズクローク内に広々と確保する人が増えてきました。
土間収納があるとこれらの玄関や玄関ポーチ部分に散らかりがちなものを片付けられ、玄関周りをスッキリとさせることができます。そして何よりも外で使用して汚れた状態でもそのまましまっておけるので便利さも高まります。
このようなシューズクロークがあることで、急な来客時でもすぐに対応でき、住宅の第一印象もいいものにしてくれるのです。

それに加えレインコートや上着を一時置きできるハンガーパイプを設置する人もいます。リビングのソファの上に上着や置きっぱなしになっていることがなくなり、リビングを過ごしやすくしてくれるのです。収納力があり玄関周りのものがきちんとしまえるシューズクロークにしたいものです。

雨の日対策

住まいを新築する時、限られた空間ですが、明るく、開放的な住まいにしたいと思います。そのためには、生活動線をよく考えて、適所に集中収納を作ることが有効です。住まいの顔として、すっきり片付いていて欲しい玄関は、その意に反して、案外、雑然と散らかり、汚れも目立つ場所です。子ども達が帰宅すると、一気に人数分の靴が脱ぎっぱなしになり、野球道具やサッカーボールなどが置きっぱなしになっています。これが、雨の日になると、濡れた靴や傘で、玄関土間は濡れてしまい、泥などで汚れてしまいます。湿度が一気に上がってしまいます。

私の友人が以前、分譲マンションに住んでいた時、シューズボックスはそんなに大きくなく、また、玄関土間も狭いので、3人の子ども達が帰宅すると、靴が散乱します。玄関土間と玄関ホールは段差もありませんから、靴が玄関ホールにまで上がり、泥も上がってしまいます。雨の日には、濡れた靴だけでなく、傘もレインコートも置いていますから、かなり湿度が高くなってしまいます。

そこで、住まいを新築する時、玄関土間を少し広く取って、一部にシューズクロークを設置しました。玄関を入ると、家族は直接、シューズクロークに入って、そこで靴を脱ぎ、オープン棚へ収納するようにしました。お陰で、玄関土間に靴が散乱することがなく、いつもすっきりと片付いています。しかし、オープン収納にしたので、どうしても、臭いが気になりますから、ハイサイドライトをつけました。しかし、雨の日にはこの窓も閉めますから、雨の日などは思った以上に湿度が上がってしまいます。梅雨などの長雨の時期には、収納棚の奥や靴自身にもカビが生えてしまいます。

最初から換気扇を設置すれば良かったと思いました。
最近は、小型の除湿乾燥機を購入して、設置しました。雨の日だけ、稼働することで、翌日、靴も傘もレインコートも乾いていて、気持ちよく使うことができます。

Copyright © 2017 学ぼう家造り!. Search Engine Optimization by Star Nine. Distributed by Wordpress Themes