Posts Tagged ‘洗面室’

洗面室

女性の多くはキッチンと同じくらい洗面室を重視しているのではないでしょうか。洗面室は実用性が高く求められます。家族みんなの使用頻度が高い空間だからです。生活に欠かすことのできない空間なだけに生活動線に配慮する必要があります。それだけでなく洗濯機を設置することから、家事動線も意識しなくてはいけません。
女性は家事をする場所の一つというだけでなく、ここでお化粧やお肌のナイトケアをするという人も多いです。デザイン性だけでなく実用性も高めたいものです。しかし実際には広さに限りのある空間です。なるべくデッドスペースを生むことなく、収納力をアップさせましょう。

洗面室で一番のデッドスペースは洗面化粧台と洗濯機の間に生まれるわずかな隙間です。この隙間をそのままにしておけばホコリが溜まってしまうだけです。ここにキャビネットを設けたり、可動棚を設ければ、タオルや洗濯関連用品を収納しておく便利な収納スペースとなります。

また洗面化粧台と洗濯機の上部の空いたスペースにも収納を取り付けましょう。洗濯機の上に空洞が生まれデッドスペースが生まれている家庭は多いです。ハンガーを掛けられるスペースとしたり、洗濯時に使用する洗剤などを置いておくスペースとしてオープン棚を設けておくと便利です。洗濯カゴなどついつい床に置いてしまい、洗面室に圧迫感を与えがちになってしまいますが、洗濯機の上部を有効活用させることで空間をスッキリと見せることができます。
また洗面化粧台の上部にキャビネットを設けるのもいいと思います。しかしここは高さがあるので、目線の高さまで降りてくる機能性に優れたキャビネットの方が実用性が高まり、使い勝手のいい収納スペースとすることができます。生活動線にも家事動線にも重要となる洗面室は収納を充実させましょう。

身支度が楽しくなる洗面室

女性ならキッチンと同じくらい洗面室にこだわりたいと感じるのではないでしょうか。
洗面室でお化粧をしたりヘアセットをしたりと身だしなみを整える女性は多いです。
現在住んでいる洗面室は狭く居心地がよくないので化粧はダイニングテーブルで行っています。
食事をするテーブルとお化粧をするテーブルが同じというのは以前から抵抗がありました。

新築住宅の洗面室は身支度が楽しくなるような洗面室を目指したいと思っています。
それには収納力と女心をくすぐるデザイン性の高さが必要だと思います。
また洗面室は家族が使用するだけでなく来客者が使用することもあります。
それだけにオシャレさも求められる空間なのです。
モザイクタイルで可愛らしさと空間のアクセントになるシンプルで使いやすい洗面化粧台にするといいなと思っています。
飽きがこないようにナチュラルなカラーを使用するのも一つのポイントだと思います。

ゆっくりと化粧できるようにイスを置けるような広さを確保しておくのもいいなと思います。
使わない時は洗面台の下にしっかり収納できるようにしておけば邪魔にならずに済みます。
洗面ボウルや蛇口も使用するモザイクタイルの雰囲気に合うデザイン性の高い物にすると一気に洗面室の雰囲気も変わってきます。
洗面室は限りのある空間です。また使用頻度の高い場所でもあります。
身支度をするだけでなく家事を行う空間でもあるので家事効率も高めてくれるようにしておくのも一つのポイントだと思います。
洗面室もキッチン同様にこだわりを持ちたいと思っています。

Copyright © 2017 学ぼう家造り!. Search Engine Optimization by Star Nine. Distributed by Wordpress Themes