Posts Tagged ‘健康住宅’

樟脳の話

「樟脳」なんて読むでしょう?

正解は「しょうのう」です。しってました?

クスノキから採れる天然の防虫剤です。

今はナフタリンやパラジクロルベンゼンを基とした合成の防虫剤が主流ですが、

環境に配慮する人や、健康住宅に住む人はこういう天然のものを使って

なるべく体に悪いものは使わないようにしていたりもします。

工務店も集客のためなどに環境にいいことをアピールしているところもあります。

でも天然のものって高価なんですよね。

それにどこにでも置いていない。

体にいいことをしようと思うと、どうしてこんなに不便なことが多いんだろう。

健康住宅を建てたいと思うのは少しでも健康でいたいから。

良く聞くシックハウス症候群とかそんな病気になりたくない。

ましてや夢のマイホームでそんなめにあうなんて考えられない。

大分で住宅を建てるのに県産材もあるけど、

スギやヒノキのいわゆる「木の香り」は樟脳と同じく、

木が持つ自然の防虫効果なのだそうです。

これは、木が虫に食われないために虫の嫌がる香りや成分を出して身を守っているのです。

実をつける木はおいしそうな香りや色をつけて、鳥たちに食べさせ、

そのフンにまじって出てくる種を鳥の翼に乗せて共に遠くへ運ばせます。

そうして子孫を残していくわけです。

同じような要領で虫には自分を嫌うような仕掛けをして、

食べられないようにしてしまう、植物の知恵ってすごいですね。

その知恵を人間も一緒に使わせてもらっているのが樟脳のような薬効成分になると思います。

樟脳に限らずですが、たくさんの自然の恵みに助けられて人間の暮らしは成り立っています。

家を建てるときに使う材料にも、そんな恩恵を被った木材を使うことがあります。

その材料がプラスに働くこともあればマイナスになることもあります。

好きな材料をそのまま使うことができればいいですね。

好きな材料といえば建材はアウトレットネットショップなどで購入することもできるので考えてみてもいいでしょう。

Copyright © 2017 学ぼう家造り!. Search Engine Optimization by Star Nine. Distributed by Wordpress Themes