捨てられない物を捨てる

物を捨てようと思っても、捨てるのはもったいないと思うことや、捨ててはいけないという教育などによって、中々捨てられません。しかし、物は人間が便利に使うために作られるので、物を大切にすることはきちんと使ってあげることです。いつまでも使わずにしまっておくということは、大切にしているとはいえないのです。処分する事も含めて、誰かに譲る、リサイクルすることは、モノが生まれ変わって誰かに使われることなので、モノを粗末に扱っていることにはなりません。今まで役に立ってくれてありがとう、活用できなくてごめんね、などと言って、旅立たせてあげましょう。

贈り物の役割は、感謝やお祝いの気持ちを表すことです。贈られた時点で気持ちが伝われば、贈りモノの役割は終わっているのです。頂いた物は他人が選んだ物なので、好みに合い、必要ということはあまり有りません。自分の趣味に合わない物、使わない物は、別の役割を果たせるように旅立たせてあげましょう。

もったいないと思うのは、お金を損してしまうと思うからでしょうか。物を売れば多少の金銭的メリットがありますが、使っていないものを長期保存していても、金銭的なメリットはありません。本当にもったいないのは、物を使わないことです。スッキリした空間で暮らしたいなら、迷わず捨てましょう。空いたスペースには、必ず役に立つような物や情報が入ってくるようになっているのです。

整理するということは、物を手放すということです。整理するときは、脳内ショッピングをしてみましょう。同じ物をもう一度買うかどうかと考えてみると、以外とあっさり手放せるものです。

Comments are closed.

Copyright © 2018 学ぼう家造り!. Search Engine Optimization by Star Nine. Distributed by Wordpress Themes