小上がりの和室

最近では一体感のあるLDKに隣接する形で和室が設けられることが多いです。和室まで一体感を得ることで廊下が必要なくなり、空間を広々と確保でき、有効活用しやすくなります。

また、建具を設けていても普段は開けっ放しにしておくことで和室にまで目線が繋がり、広さや開放感が得られます。明るさを通しやすく、風の流れも得られ快適性の高い一階フロアとなるのです。空間の繋がりを大事にするのもいいのですが、気をつけたいのが空間のメリハリです。空間のメリハリが損なわれてしまうと居心地の良さが低減してしまいます。

そこで建具で区切らなくても空間のメリハリが生まれるように、和室に高さを設けて小上がりにすることで空間に立体感が生まれ、メリハリが得られるのです。中途半端な段差はかえって足をつまづきやすくしてしまうので、腰掛にちょうどいい高さを設けておくといいでしょう。リビングで過ごす家族と同じ時間や空間を共有でき、家事の合間のちょっとした休憩スペースとしても最適です。

高さを設けることで畳下に生まれるデッドスペースを収納スペースとして利用させるのです。引き出し式であれば奥にしまった物でも把握しやすく、出し入れもしやすいのです。和室での風情を高めたいのであれば、和室の高さを活かし中央部分を掘り込み、冬は掘りコタツとして利用できるようにするのです。ここで冬はお鍋を囲み家族で食事をするのもいいでしょう。足腰の弱ってきた高齢者も過ごし慣れた和の空間で足をゆったりと伸ばして休憩できたり、食事ができると居心地の良さを実感できます。和室の配置や活用法で住まいの印象も大きく変わってくるのです。

Comments are closed.

Copyright © 2018 学ぼう家造り!. Search Engine Optimization by Star Nine. Distributed by Wordpress Themes