空間のゾーニング

最近では廊下がデッドスペースとして考えられるようになってきています。廊下を設けることで空間が細分化されます。しかし、最近では間仕切りなどで閉じられた空間ではなく、できるだけ奥に視線が繋がるように横の繋がりや縦の繋がりを大事にした空間造りが取り入られています。視線が繋がることで広さや開放感がプラスされますし、採光や採風の確保ができ室内の快適性を高めることができるのです。

しかし、壁が全くなくなってしまうと空間が間延びしてメリハリが損なわれてしまいます。そこで視線を抜けさせつつも間仕切りの役目を果たしてくれるような壁を上手に取り入れ、空間を緩やかにゾーニングするのです。ゾーニングすることで各空間の居心地の良さが高まるのです。

例えば、住まいの中心であるLDKを広々とワンルームのような空間にします。家事・調理・くつろぎなど機能別にアーチ状の垂れ壁でゾーニングを行うのです。垂れ壁が室内に優しい雰囲気を与えてくれ、壁で完全に区切ってしまうよりも、圧迫感を与えず空間の繋がりを大事にできます。腰壁や垂れ壁でゾーニングをするのもいいですし、木の格子を取り入れるのもいいでしょう。

我が家はダイニングとリビングの境に木の格子を設けました。この木がLDKのアクセントにもなっていますし、食事をしている人の目線とリビングでくつろいでいる人の目線を緩やかさに遮ることができるのです。気になる視線を遮ることができながらも、明るさはしっかりと通すため閉鎖的な印象になることもないのです。空間の繋がりを大事にするとともに空間のゾーニングを行い、各スペースの居心地の良さを高めたいものです。

Comments are closed.

Copyright © 2018 学ぼう家造り!. Search Engine Optimization by Star Nine. Distributed by Wordpress Themes