ハウスメーカーVS工務店

家造りを始めるにはまず依頼する業者を選ばなければなりません。大手ハウスメーカーから地域に密着した工務店まで併せると数多くの業者が存在します。その中で自分達に合った一社を選び出すというのは容易なことではありません。まずはそれぞれの特徴を知ることから始めてみるといいでしょう。

ハウスメーカーは、会社としての規模が大きく、社会的ブランド力を持っています。カタログやモデルハウスなど家造りのイメージを湧かせるための材料が豊富に揃っています。工場生産で出来上がった部品が基準となるため、寸法などの変更がしにくく設計の自由度が限られてしまうこともあります。しかし、モデルケースを多数持っているため、その中からプランを選ぶことができ、部材も工場生産のため早く、施工もマニュアルに従うため時間がかかりません。金額は、広告宣伝費やモデルハウス維持管理費などさまざまな経費が建築費に上乗せされてしまうので、価格がどうしても高めになってしまうのです。

工務店の特徴は、ハウスメーカーのように一目見てどこのハウスメーカーのものなのかが分かる住宅も多いですが、このような大量生産とは異なる一品生産の家造りを行うことができます。地域での評判を大切にするため、施工はもちろん引き渡し後のメンテナンスにおいても重要視しています。こだわりや個性が活かされた家造りができるのですが、一つ一つの打ち合わせを重視するため設計から完成するまで時間がかかることが多いです。

金額においては、広告宣伝費などがかからないため同じ仕様の家ならハウスメーカーよりも安くつくることができるでしょう。しかし、世間一般的に会社規模が小さいため不安視されることも多いですし、洗練されたデザインや提案力に欠けていると感じる人も多いのです。まずは特徴を知り、自分達にはどちらが合っているかを見極めることから始めてみましょう。

Comments are closed.

Copyright © 2017 学ぼう家造り!. Search Engine Optimization by Star Nine. Distributed by Wordpress Themes