コミュニケーションを大事にできる家

我が家は、住宅で過ごす時間は家族のコミュニケーションを大事にできるような空間造りを心がけました。そこでまず取り入れたのが、人気のリビング階段です。今までは玄関からより近い場所に階段が設けられていました。そのため子どもが帰宅して直接二階の自室へ行くことができました。結果、親は子どもが帰宅していることに気付かなかったり、気づけば外出していたりと家族のすれ違いもあったことと思います。

しかし、リビング階段にすることでこのような状況を避けられます。子どもが帰宅すると家族が集まるリビングを必ず通らなければ二階には行けません。リビングで家族が顔を合わせる機会が自然と作られ、会話も生まれやすくなるのです。会話がなくても親は子どもの表情を伺うことができるためちょっとした変化にも気づいてあげやすくなるのです。リビング階段は子どもの犯罪率を下げているというデータもあるほどです。それだけ家族のコミュニケーションは、子どもの成長にとって大事なことと言えるのです。

そして、リビングの一部を吹き抜けにしました。階段を上がった先にはこのリビングに面してファミリースペースを設けています。子どもが遊ぶスペースとして利用できますし、カウンター造り付けているのでスタディコーナーや書斎スペースとしても利用できるのです。一階と二階で家族がそれぞれ別々の空間で過ごしていても吹き抜けを通して互いの気配を身近に感じることができ、気になる時は吹き抜けに向かって声をかければ一階と二階で会話もしやすいのです。

ファミリースペースは、夜家族みんなで過ごすこともあります。一階のリビングだけでなく二階にも家族で集えるスペースがあることでコミュニケーションも弾みます。家で孤立する場所がなく、コミュニケーションを深められるスペースがあることで家族の繋がりをより大事にできるのです。

Comments are closed.

Copyright © 2017 学ぼう家造り!. Search Engine Optimization by Star Nine. Distributed by Wordpress Themes