家族団欒のLDK

住まいを新築する時、設計の段階で、動線を考えながら、間取りを決めていき、快適に生活するために電気配線、ガスや水道の配管を考えていきます。ガスや水道の配管については、水回りのことですし、専門家に一任することが多いのですが、電気配線というのは、もちろん、共通した部分はありますが、生活に密着したものですから、各家庭それぞれ、異なる部分もあります。

例えば、リビングスペースにしても、照明やテレビなどの配線は共通なのですが、音楽や映像を楽しむ家庭とそうでない家庭では、電気配線もコンセントの位置も違ってきます。自分たちがどのような生活をしていきたいかを考えて、電気配線を考えていかないと、不便なことになってしまいます。

私の友人が住まいを新築したのは、結婚2年後でした。結婚、妊娠、出産と大きなライフイベントを経験しながら、ご主人の実家の敷地内に新居を構えることになりました。そのため、何もかもがあわただしく、夫婦2人で、どんな生活をしていきたいかも、わかっていたつもりで、改めて、ゆっくり話す時間はありませんでした。

家族が集まり、団欒しやすいように、LDKはワンフロアにしました。
ご主人は、独身時代、ワンルームマンションで暮らしていましたが、手狭だったので、お気に入りのAV機器を今まで実家に預けていました。それらを新居のリビングスペースに置き、日々の生活の中で、音楽を楽しみたいと思っていました。それはそれで、彼女も反対ではなかったのですが、互いにそんなことを話したこともなかったし、設計の段階で、担当者と話すこともありませんでした。

住まいは、一生ものですから、生活設計をした上で、住まいの設計もした方が良いと思いました。もっと具体的に話をしておけば、収納や電気配線についても、いろいろ工夫して、より快適なリビングスペースになったと思いました。

Comments are closed.

Copyright © 2017 学ぼう家造り!. Search Engine Optimization by Star Nine. Distributed by Wordpress Themes