ウォークスルー収納

住宅への不満で常に上位を占めるのが収納です。収納を設ける時のポイントは、適材適所に必要な物がきちんと片づけられることです。そして収納している物の出し入れのしやすさも大切です。そこで我が家は動線に注目して収納スペースを設けた場所があります。それは家事動線で一番重要なキッチンと洗面室の間にウォークスルー収納を設けたのです。

このウォークスルー収納の通路の片側はキッチンパントリーとして利用し、反対側は洗面室で使用する物を収納するスペースとして利用しています。キッチンと洗面室は一日頻回に渡り行き来をするこれらの空間を繋ぐ収納スペースを設けたことで家事の効率も高まっています。キッチンにパントリーは今では欠かせない収納スペースとなっています。洗面室には収納しておきたい物がたくさんあります。ウォークスルー収納の洗面室側の収納スペースには、フェイスタオルやバスタオルなどのタオル類をはじめ、家族の下着やパジャマを収納しています。それぞれの空間で必要な物をきちんと収納できるので便利ですし、動線に沿っているので必要な物をサッと取り出し空間を行き来できるので便利さを実感しています。

また私の友人宅では玄関と洗面室の間にウォークスルークローゼットを設けています。帰宅して洗面室へ行く間にクローゼットを設けることで、着ている上着を片付けられリビングに上着が散らかるのを防げています。動線に沿って収納スペースを設けることも、収納への満足度を高めるには重要なことなのです。

Comments are closed.

Copyright © 2017 学ぼう家造り!. Search Engine Optimization by Star Nine. Distributed by Wordpress Themes