Archive for 1月, 2016

壁の厚みを利用しよう

最近では壁の厚みを利用して飾り棚を設けたり、収納スペースを確保するニッチが大変多く住宅に取り入れられています。我が家の新築住宅でもできるだけこのニッチを取り入れてもらいました。このニッチは壁の厚みを利用するため、飾り棚を設けても収納スペースを設けても空間に全く圧迫感を与えないのが大きな魅力です。広さに限りのある空間でも広さに余裕のある空間でも取り入れることができるのです。

例えば廊下などの通路。ここに何もないと殺風景になりがちですが、飾り棚を設置しても歩く時肩にぶつかったり邪魔に感じることもあります。しかしこのニッチであれば、オシャレな雑貨を飾り殺風景になるのを防ぐことができますし、壁に取り付ける飾り棚と違って壁の奥行を利用するので邪魔に感じることは一切ないのです。

友人宅ではトイレにニッチを設けていました。トイレは広さに限りのある空間です。しかしトイレットペーパーやサニタリー用品などトイレ内に収納しておきたい物は意外と多いです。それらを収納するためのニッチを設けていたのです。少々大きさのあるニッチ内には棚が設けられており、トイレットペーパーにサニタリー用品、トイレの掃除用洗剤などしっかりと収納されていました。これらが目に入るとトイレがごちゃごちゃした印象になりますし、一気に生活感を感じるためニッチの前には扉が設けられていました。しっかりと物を隠せて、また広さに限りのある空間の収納を充実させることができるニッチは素敵だなと思いました。

我が家にはキッチンに設けた腰壁にニッチを設けました。キッチン部分には横長の調味料入れニッチを設けました。今まで作業スペースに並べて置かれていた調味料を全てニッチ内に収めることで、作業スペースを広々と使用できるようになり調理もしやすくなりました。またダイニング側にはマガジンラックのニッチを設けました。ダイニングテーブルに散らかりがちな新聞や雑誌をサッと片づけられるマガジンラックも便利です。壁の厚みを最大限活用してみてほしいと思います。

Copyright © 2017 学ぼう家造り!. Search Engine Optimization by Star Nine. Distributed by Wordpress Themes