Archive for 10月, 2015

二つの玄関

我が家の玄関はお客様用と家族用と玄関の動線を二つに分けました。動線を二つに分けることで、メインのお客様用の玄関を常にきれいで物や靴が散らからない玄関にすることができるのです。玄関のきれいさを保てることで、急なお客様にもしっかりと対応できます。玄関は住宅の顔とも言われる部分なだけに常にきれいで美しさを保ちたい空間です。メインの玄関横にシューズクロークを設けました。こちらが家族用の玄関にもなります。

家族の靴をオープン棚に並べ、どこにどの靴があるかが一目瞭然です。子ども達の靴は下段部分にしまい自分達で出し入れできる高さに並べ、履く頻度に合わせて中段と下段に靴を並べます。可動棚なので長靴やブーツなど高さに合わせて棚を自由にアレンジできるので、デッドスペースをなるべく生まずに靴を整理できます。靴や傘だけでなく、外で使用するアウトドア用品や洗車用品、ボールなどのスポーツ用品、ベビーカーや三輪車までもここにしまうことができます。

外で使用して汚れてもそのままの状態で収納できるスペースがあると嬉しいものです。これらはつい玄関部分やポーチ部分に置きっぱなしになりがちですが、これらがきちんとシューズクローク内に収められることで、玄関をきれいにスッキリとしておくことができるのです。シューズクロークから室内への出入りができることで、ここには室内で使用する物も収納しておくことができるのです。ドライバーなどの工具もここにしまっています。またスムーズな動線を確保することで、子ども達が自分の靴を自分できちんと管理する習慣を自然と身に付けることができました。玄関の動線を二つに分けることを私はおススメします。

Copyright © 2017 学ぼう家造り!. Search Engine Optimization by Star Nine. Distributed by Wordpress Themes