Archive for 9月, 2015

収納に不満を感じない家

住宅への不満の多くが収納と言われています。その不満を少しでも軽減できるように家造りをする人の多くが収納に充実した家を求めます。収納スペースを設ける際には、まず自分が持っている物をきちんと把握しておくことが大事です。必要な物の量を知ることでどれくらいの収納スペースがあるといいのかということが分かります。

収納スペースは適材適所に必要な物を収納でき、尚且つ少し余裕があるといいのです。それに加えて物の把握がしやすく、物の出し入れがしやすいというのも大事なことです。使い勝手の悪い収納スペースは収納への不満に繋がるのです。例えば、キッチンによく設置されている吊り戸棚。キッチンの収納力をアップさせるには、この吊り戸棚があると便利なのですが、高い位置に設けられたこの吊り戸棚は、収納している物が把握しにくく、また物の出し入れもしにくいです。ここに収納している物を取り出す度に、脚立が必要ということになれば面倒です。吊り戸棚を設置するのであれば、目線の高さまで降りてくるような機能性に優れた吊り戸棚を設置すれば、収納量は確保できますし、物の出し入れもしやすいので不満に繋がりません。

また階段下に生まれるデッドスペースを収納スペースとして活用させる人は多いです。しかし階段下という特殊な形状の下を活用するには、収納アイテムなどを上手に取り入れないと使い勝手の悪い収納スペースとなってしまいます。奥に行くほど天井が低くなっている階段下収納が以前住んでいた住宅にありました。奥行があるため、奥にしまった物が分からず出し入れがしにくかったです。不満の少ない収納スペースにするには物の出し入れのしやすさを考えましょう。

Copyright © 2017 学ぼう家造り!. Search Engine Optimization by Star Nine. Distributed by Wordpress Themes