Archive for 4月, 2011

東日本大震災

3月11日、東北地方を中心にして、大きな地震が起こりました。

「東北地方大震災」です。この大震災では地震発生直後に起こった大津波の被害が甚大なものとなり、2万8千人を超える多くの死者・行方不明者を出しました。

家を失って避難した人の数は20万人近くもいるといわれています。

住むところを失えば、新たに住むところを見つけなければならなくなります。

それが賃貸住宅なのか、新築するのか、それとも、仮設住宅のようなところにいられるだけいるのか、もしくは親類の家に身を寄せるのか。

どの方法もなかなかつらそうです。

警察庁の発表によると、一番遠くの地では四国の高知で津波による床上浸水、もしくは床下浸水の被害報告がされています。

太平洋沿岸は影響が大きかったということでしょう。

地震発生直後は日本の沿岸部全体に津波警報が発令されて、各地の潮位が上がったとの報告がありました。

遠く離れた地での床上浸水は津波の映像もさることながらとても怖い体験だったと思います。

木造住宅は水につかると大きなダメージを受けます。

ましてや床下などの一階部分は建物の大事な支えとなっている部分なので、そこが壊れるということは建物の倒壊に直結してしまうといっても過言ではないでしょう。

地震でなくても、台風なども水災の原因となりますが、天災には誰も勝つことができません。

用心していても天災は襲ってきます。

備えというのはどんなときでも必要です。

私の友人が大分の工務店を探して家づくりの話を進めていますが、やはり地震に強い家づくりも一つのテーマにしているようです。

今回の地震でまだまだ混乱は続いています。

大分でリフォームしている友人もプランを再検討しているようです。

でも、この被害を教訓にして災害への備えをしっかりとしていくのが私たちの役目の一つではないでしょうか。

Copyright © 2017 学ぼう家造り!. Search Engine Optimization by Star Nine. Distributed by Wordpress Themes