室内用洗濯物干し場

私の周りには新築住宅を建てた友人が大変増えてきました。我が家も新築住宅を建てることになり、住宅へのアドバイスをたくさんもらっています。
友人達がアドバイスしてくれる中で一番言われたのが室内用洗濯物干し場をしっかり確保しておくことです。屋外用の洗濯物干し場は当然設けます。しかし意外と見落としがちになってしまうのがこの室内用洗濯物干し場です。

梅雨時期など洗濯物の干し場に頭を悩ませたことはありませんか。またこれからの時期は花粉の飛来で屋外に洗濯物を干すことに抵抗を感じる人も多いです。黄砂やPM2.5など健康に悪影響を与える物質が飛来することもあり洗濯物干し場に頭を悩ませる主婦は多いと思います。
そこで必要となってくるのが室内用洗濯物干し場です。室内にも洗濯物をきちんと干せるスペースを確保しておくことで、安心して洗濯物を干すことができます。洗濯は毎日行う家事の一つなだけにこのスペースはしっかり確保しておくといいのです。

友人宅には吹き抜けに面した二階のホールに室内用洗濯物干し場を設けていました。天井に埋め込み式の室内用洗濯物干しなので使わない時はスッキリとしまうことができるので、生活感を全く感じません。また蓄熱暖房を取り入れていたので、吹き抜けを通して温かい空気が二階にも循環し、ここで干した洗濯物がしっかり乾くというのです。
洗濯物が乾かないと干し場に困ってしまします。洗濯物がきちんと乾く環境に室内用洗濯物干し場を設けるというのもポイントです。家事動線も意識しながら最適な場所に設けたいと思います。

リビング収納

リビングは家族が長時間過ごす場所です。住宅の中で一番くつろげて、リラックスできる空間にしたいものです。そう考える人は大半だと思います。
しかし人が集まる空間なだけに物も自然と集まってしまうのです。
持ち歩いたカバンがリビングの床に置きっぱなしになっていたり、着ていた上着やソファの上やダイニングのイスに置きっぱなしになっていることはありませんか。

このように家族が集まる場所に物が散らかれば高い快適性は維持できません。
高い快適性を維持するためにはリビングにこれらを収納できるスペースを設けることがベストなのです。
収納を充実した家を誰もが求めるのですが、その中でも見落とされがちなリビング収納。
リビング収納を設けて快適に最高に安らげる空間を演出したいものです。
上着を一時置きできるように掛ける収納も充実させます。カバンや子ども達の幼稚園カバンやランドセルも一時置きできるオープン棚もあると便利です。
その他にも子どものおもちゃや日用品までしっかりしまえるリビング収納があると大変便利で暮らしやすさに繋がると思います。

我が家も新築住宅を建てる予定なのですが、ぜひこのリビング収納は設けたいと思っています。
我が家はテレビを設置する奥のスペースにリビング収納を設けて両サイドから行き来できるように回遊型のリビング収納にする予定です。
回遊型にすることで家族が同時に行き来しやすくなります。

またテレビの奥という身近な場所に収納スペースを設けることで、旦那さんや子ども達も積極的に整理をするようになると期待しています。
最高のリビングにするには最高のリビング収納があると良さそうですね。

主婦の味方になる浴室

浴室は光熱費に大きく影響を与える場所です。
それだけに家計を守る主婦は節水でき光熱費を節約できる浴室を望むものです。
今までの浴槽は断熱効果が弱く6時間で5~6度お湯の温度が下がっていました。
最近の浴槽は断熱性の高い浴槽で6時間経っても2~3度しかお湯の温度が下がらないのです。また追い焚き機能や自動保温の必要性も減るので光熱費に大幅な削減が期待できます。

また湯量が少なくて済む浴槽になってきました。浴槽のサイズも光熱費削減には深くかかわってきます。最近の浴槽は浅くなってきました。
角部分を丸くしたり、浴槽内に半身浴用のステップを設けたりすることで従来は300リットル以上だった容量が今では約260リットル程度にまで少なくなったタイプもあるのです。その分水道代や光熱費が削減できるというわけです。

また入浴中面倒くさくてついつい水やお湯を出しっぱなしにしてしまうものです。
しかし最近のシャワーヘッドには水の出し止めようのスイッチが付いているタイプがあり、手元で簡単に水の出し止めができるので無駄な水やお湯を使わなくなります。
これも光熱費の節約に繋がるのです。主婦が気にするのはもう一点、お手入れが簡単な浴室であることです。湿った状態では人のアカや石鹸カスで細菌が繁殖し、カビや汚れが発生します。特につなぎ目部分が汚れやすいです。

抗菌性を持った樹脂の床材を使うことで、床を清潔に保つことができ、溝が浅いデザインが多いため掃除がしやすくなるのです。
汚れが付きにくいタイプの床も多いです。主婦目線で浴室を選びたいものです。

快適な室内

快適な室内を保つためには窓の存在が非常に重要なのです。
最近では住宅の気密性や断熱性が高まっています。
それと同様に窓の気密性・断熱性も高まっています。

熱の流出は一番窓からが大きいのです。これが約50%です。
その他屋根は6%、換気17%、外壁19%、床10%ほどと言われています。
快適な室内を保つためには窓に注目しなければいけないのです。
遮熱高断熱複層ガラスや樹脂サッシを使用することで気密性や断熱性は非常に高まります。

夏においては約70%の熱が窓から入ってきます。
このような機能性に優れた窓にすることで夏の日差しを60%もカットしてくれるのです。
よって冷房を効率よく使用でき光熱費にも大きく関わってくることでしょう。
また紫外線もカットしてくれるので、紫外線による日焼けも抑制してくれるのです。

冬は約50%の熱が窓から逃げていきます。
暖房を効率よく使用するためには窓への対策が必須なのです。
冬場は窓の結露に悩まされている人も多いのではないでしょうか。
窓の断熱性が低いと結露しやすくなります。お手入れが大変ですし、お手入れを怠るとカビが発生して衛生的にもよくありません。
結露対策としても断熱性の高い窓の設置は有効的なのです。

また気密性を高めることで音に左右されない家を実現できます。
外から入ってくる音に左右されることなく快適に過ごすことができます。
また室内から発せられる音も外に漏れる心配もありません。

住宅の中で窓の存在はあって当たり前という感覚ですが、機能性を重視することで住宅の快適性は大きく変わってきます。窓に注目した家造りが必要だと思います。

身支度が楽しくなる洗面室

女性ならキッチンと同じくらい洗面室にこだわりたいと感じるのではないでしょうか。
洗面室でお化粧をしたりヘアセットをしたりと身だしなみを整える女性は多いです。
現在住んでいる洗面室は狭く居心地がよくないので化粧はダイニングテーブルで行っています。
食事をするテーブルとお化粧をするテーブルが同じというのは以前から抵抗がありました。

新築住宅の洗面室は身支度が楽しくなるような洗面室を目指したいと思っています。
それには収納力と女心をくすぐるデザイン性の高さが必要だと思います。
また洗面室は家族が使用するだけでなく来客者が使用することもあります。
それだけにオシャレさも求められる空間なのです。
モザイクタイルで可愛らしさと空間のアクセントになるシンプルで使いやすい洗面化粧台にするといいなと思っています。
飽きがこないようにナチュラルなカラーを使用するのも一つのポイントだと思います。

ゆっくりと化粧できるようにイスを置けるような広さを確保しておくのもいいなと思います。
使わない時は洗面台の下にしっかり収納できるようにしておけば邪魔にならずに済みます。
洗面ボウルや蛇口も使用するモザイクタイルの雰囲気に合うデザイン性の高い物にすると一気に洗面室の雰囲気も変わってきます。
洗面室は限りのある空間です。また使用頻度の高い場所でもあります。
身支度をするだけでなく家事を行う空間でもあるので家事効率も高めてくれるようにしておくのも一つのポイントだと思います。
洗面室もキッチン同様にこだわりを持ちたいと思っています。

キッチン

キッチンは女性にとって住宅の中で重要な場所です。
キッチンは女の城でもあるので自分が家事をしやすく、また家事の合間に休憩しやすい空間に仕上げたいものです。
そこで私はキッチンで一番重視するのはフルフラットのオープンキッチンで家事を楽しみながらできるようにするということです。
対面式のオープンキッチンで家事をしながらでもリビングで休憩する家族と顔を合わせてコミュニケーションを取れたり、遊んでいる子どもの様子を確認することができます。

フルフラットにすることでお手入れもしやすく、キッチンをよりスッキリと見せてくれるのです。そしてキッチンでも収納力が重要になってきます。
天井から床まであるカップボードにすることで収納力抜群でキッチンで家事が行いやすくなります。
このカップボードに炊飯器や電子レンジも収納できればよりキッチンがスッキリして統一感も高まります。
このカップボードには一面すりガラスのドアで見た目をスッキリしてくれます。生活感の出やすい家電までも全て扉で隠して収納できるので見た目にもオシャレです。
友人を招いて食事やお茶会をするのも気兼ねなく開けるようになるので主婦にとっては嬉しいポイントではないでしょうか。
リビングまで見渡せ広々とした空間が広がるキッチンに、収納力がプラスされたキッチンで日々家事にストレスを感じることなく行えることができると思います。
また全てをすりガラスの奥にきちんと収納できるので生活感を感じさせないスタイリッシュなキッチンとなるのです。

ゼロからの家づくりで知っておきたいローンの事情

住宅を購入する際に、多くの人が利用するのが住宅ローンですが、家の買い方次第ではかかってくる手数料や返済総額などにも大きな差が出てくるなど、何かと難しいのがローンならではの悩みでもあります。失敗しない家づくりのコツは「資金計画」と言っても過言ではありません。どんな風に家を建てたいのか、どのくらいの資金が必要なのかさまざまな角度から比較検討しながら家を買うお金について考えてみましょう。

★意外と知られていない?土地を買うだけではローンを組めない
当たり前のことながら、まず家を建てたいと思ったら土地が必要ですよね。住宅ローンと言うのはその名の通り「住宅」ありきのローンなので実は土地購入だけの目的でローンを組むことは原則出来ません。土地購入専門のローンなどがある金融機関もありますが、基本的には土地購入資金の融資には慎重です。(※おそらくバブルなどを経験しているからではないか、と思われます。) そこで、土地を購入する場合には住宅ローンの一部として条件付きで融資をする、あるいは住宅が完成して住宅ローンの実行がなされるまでの「つなぎ融資」という形で土地購入資金を融資するという方法を取る場合が多いことでしょう。

土地購入資金から融資を考えている、と言う場合にはその他にも建築する住宅の設計図や見積もりなどを添付する必要がある他、建築請負契約書を提示するなど「家を建てることを証明するための書類」が必要になってくることもあります。こうしたことを考えると
「土地を買う」というのは家づくりの第一歩のようですが、その段階からすでに家の完成までをプランニングする必要があるという事が良く分かってきます。ハードルが高く、なかなか理解しにくい「ローン」の話題ですがまずは興味を持ってみること、自分自身で少しずつ把握していくことが大切です。

安全に使える収納を考える

住まいのバリアフリーを考える時、段差や階段について、色々考えていくことが重要になってきます。しかし、高齢になったり、体が不自由になったりした時、行動するのに困ったり、危険が伴ったりするのは、段差や階段だけではありません。例えば、収納です。高い位置から物を出し入れしたりすることがあります。踏み台を使い、大きなものや重いものを出し入れする時、姿勢が不安定になり、バランスを崩し、転落してしまうこともあります。それだけではなく、収納の奥行きが深い場合もバランスを崩しやすくなります。

私の友人が住まいを新築する時、高齢の父親が杖や手摺を使って、移動するので、できるだけ、室内を片付けておきたいと思い、適当な場所に適当な容量の収納を設けようと思いました。万が一、車椅子になったとしても、できるだけ、スムーズに移動できるように、家具も最低限にとどめたいと思いましたので、LDKにも収納を設けました。彼女の友人は、ダイニング階段下を利用して、かなりの容量の収納を設けました。しかし、奥行きが深いため、奥の物を取り出す時、かなり不安定な姿勢になってしまいます。少し重い物を中腰で取り出したり、背伸びして取り出したりすることも多いそうです。

先日、中腰で、奥に収納した花器を取り出そうとして、ぎっくり腰になってしまいました。その話を聞いて、彼女はLDKの収納について、無理なく手が届く高さにするだけでなく、あまり奥行きを深くしませんでした。収納しているものがすぐ見つかり、無理なく、出し入れすることができます。住まいの中を片付けるのに、収納が必要ですが、単に収納量を増やすだけでなく、まず、必要なものを見直したうえで、分かりやすく、取り出しやすい収納が求められていきます。特に、高齢者や体が不自由な場合は、それぞれの収納をよく考えないと、死蔵したり、収納できなくなったりします。
それだけでなく、怪我を誘発してしまいます。

雨の日対策

住まいを新築する時、限られた空間ですが、明るく、開放的な住まいにしたいと思います。そのためには、生活動線をよく考えて、適所に集中収納を作ることが有効です。住まいの顔として、すっきり片付いていて欲しい玄関は、その意に反して、案外、雑然と散らかり、汚れも目立つ場所です。子ども達が帰宅すると、一気に人数分の靴が脱ぎっぱなしになり、野球道具やサッカーボールなどが置きっぱなしになっています。これが、雨の日になると、濡れた靴や傘で、玄関土間は濡れてしまい、泥などで汚れてしまいます。湿度が一気に上がってしまいます。

私の友人が以前、分譲マンションに住んでいた時、シューズボックスはそんなに大きくなく、また、玄関土間も狭いので、3人の子ども達が帰宅すると、靴が散乱します。玄関土間と玄関ホールは段差もありませんから、靴が玄関ホールにまで上がり、泥も上がってしまいます。雨の日には、濡れた靴だけでなく、傘もレインコートも置いていますから、かなり湿度が高くなってしまいます。

そこで、住まいを新築する時、玄関土間を少し広く取って、一部にシューズクロークを設置しました。玄関を入ると、家族は直接、シューズクロークに入って、そこで靴を脱ぎ、オープン棚へ収納するようにしました。お陰で、玄関土間に靴が散乱することがなく、いつもすっきりと片付いています。しかし、オープン収納にしたので、どうしても、臭いが気になりますから、ハイサイドライトをつけました。しかし、雨の日にはこの窓も閉めますから、雨の日などは思った以上に湿度が上がってしまいます。梅雨などの長雨の時期には、収納棚の奥や靴自身にもカビが生えてしまいます。

最初から換気扇を設置すれば良かったと思いました。
最近は、小型の除湿乾燥機を購入して、設置しました。雨の日だけ、稼働することで、翌日、靴も傘もレインコートも乾いていて、気持ちよく使うことができます。

キッチンリフォーム

私の実家は築30年近くなり色々部分が老朽化しリフォームを行っています。その中の一つにキッチンもあります。キッチンは女の城と言っても過言ではありません。私も専業主婦ということもあり一日の大半をキッチンで過ごします。それだけに住宅の中で重視する場はキッチンと考えています。

以前は壁付けスタイルのキッチンが主流でしたが、最近は対面式のオープンスタイルのキッチンが人気を高めています。壁付けタイプのキッチンは料理や片付けをする時間は家族とコミュニケーションが取りずらく、一人で疎外感を感じてしまいます。この悩みを解消してくれるのが対面タイプのキッチンです。料理をしながら、またお皿洗いをしながらテレビを見たり、家族と顔を見て会話ができたりすることができます。家事の時間をより楽しく感じられるのです。

この対面タイプでオープンスタイルが人気を高めている理由としてはさらにリビング・ダイニングとの一体感が生まれ、キッチン・リビング・ダイニングに開放感を与えてくれることです。キッチンの充実はキッチンのスタイルによっても違ってきそうです。自分に合ったキッチンスタイルを選びたいものです。キッチンスタイルが決まれば次はキッチン収納の充実を考えましょう。最近ではパントリーと言われる食品庫を設ける家庭も増えてきました。このパントリーがあるだけでキッチンがスッキリしどこに何があるかが明確になり料理の効率もアップするのです。過ごしやすいキッチンにするにはスッキリとした空間にすることも不可欠です。キッチンで気になることはお手入れも忘れてはいけません。汚れがつきにくい素材や拭き取りやすい素材を使用しお手入れの負担を軽減したいものです。

Copyright © 2015 学ぼう家造り!. Search Engine Optimization by Star Nine. Distributed by Wordpress Themes