ウォークスルー収納

住宅への不満で常に上位を占めるのが収納です。収納を設ける時のポイントは、適材適所に必要な物がきちんと片づけられることです。そして収納している物の出し入れのしやすさも大切です。そこで我が家は動線に注目して収納スペースを設けた場所があります。それは家事動線で一番重要なキッチンと洗面室の間にウォークスルー収納を設けたのです。

このウォークスルー収納の通路の片側はキッチンパントリーとして利用し、反対側は洗面室で使用する物を収納するスペースとして利用しています。キッチンと洗面室は一日頻回に渡り行き来をするこれらの空間を繋ぐ収納スペースを設けたことで家事の効率も高まっています。キッチンにパントリーは今では欠かせない収納スペースとなっています。洗面室には収納しておきたい物がたくさんあります。ウォークスルー収納の洗面室側の収納スペースには、フェイスタオルやバスタオルなどのタオル類をはじめ、家族の下着やパジャマを収納しています。それぞれの空間で必要な物をきちんと収納できるので便利ですし、動線に沿っているので必要な物をサッと取り出し空間を行き来できるので便利さを実感しています。

また私の友人宅では玄関と洗面室の間にウォークスルークローゼットを設けています。帰宅して洗面室へ行く間にクローゼットを設けることで、着ている上着を片付けられリビングに上着が散らかるのを防げています。動線に沿って収納スペースを設けることも、収納への満足度を高めるには重要なことなのです。

壁の厚みを利用しよう

最近では壁の厚みを利用して飾り棚を設けたり、収納スペースを確保するニッチが大変多く住宅に取り入れられています。我が家の新築住宅でもできるだけこのニッチを取り入れてもらいました。このニッチは壁の厚みを利用するため、飾り棚を設けても収納スペースを設けても空間に全く圧迫感を与えないのが大きな魅力です。広さに限りのある空間でも広さに余裕のある空間でも取り入れることができるのです。

例えば廊下などの通路。ここに何もないと殺風景になりがちですが、飾り棚を設置しても歩く時肩にぶつかったり邪魔に感じることもあります。しかしこのニッチであれば、オシャレな雑貨を飾り殺風景になるのを防ぐことができますし、壁に取り付ける飾り棚と違って壁の奥行を利用するので邪魔に感じることは一切ないのです。

友人宅ではトイレにニッチを設けていました。トイレは広さに限りのある空間です。しかしトイレットペーパーやサニタリー用品などトイレ内に収納しておきたい物は意外と多いです。それらを収納するためのニッチを設けていたのです。少々大きさのあるニッチ内には棚が設けられており、トイレットペーパーにサニタリー用品、トイレの掃除用洗剤などしっかりと収納されていました。これらが目に入るとトイレがごちゃごちゃした印象になりますし、一気に生活感を感じるためニッチの前には扉が設けられていました。しっかりと物を隠せて、また広さに限りのある空間の収納を充実させることができるニッチは素敵だなと思いました。

我が家にはキッチンに設けた腰壁にニッチを設けました。キッチン部分には横長の調味料入れニッチを設けました。今まで作業スペースに並べて置かれていた調味料を全てニッチ内に収めることで、作業スペースを広々と使用できるようになり調理もしやすくなりました。またダイニング側にはマガジンラックのニッチを設けました。ダイニングテーブルに散らかりがちな新聞や雑誌をサッと片づけられるマガジンラックも便利です。壁の厚みを最大限活用してみてほしいと思います。

リビング階段

住宅を購入した友人達でリビング階段の人とそうでない人は半分半分くらいです。我が家もリビング階段をするべきかどうか迷いましたが、取り入れることにしました。その理由は家族のコミュニケーションを大事にできるからです。まだ子ども達が小さい我が家は、いつも家族が一緒の時間を過ごします。しかし子どもが成長するにつれ子どもは親と過ごす時間より一人の時間やお友達と過ごす時間が増えていきます。次第に家族とのコミュニケーションの機会が失われ家族関係の悪化に繋がることもあります。

しかし我が家はリビング階段にすることでそれを避けられるのです。家族が集まるリビングを必ず通らなければ二階の部屋には行けないようにしておくことで、リビングで家族が顔を合わせる機会が増えます。顔を合わせることで親は子どもの変化に気づきやすくなりますし、家族でコミュニケーションを取る機会が増えるのです。親との時間が減っても家族でのコミュニケーションを大事にできる家となるのです。

リビング階段を取り入れなかった友人に理由を聞いてみると一番は冷暖房効率が気になるからということでした。実際に、リビング階段を採用し、二階からの冷気の流れ込みでリビング階段にしなければよかったという人もいます。ロールスクリーンを設置し対策をとっています。

しかしこれは住宅の断熱性と関わってくるのです。住宅の断熱性が高いと冷暖房効率を下げることなく、また二階からの冷気を気にすることもないのです。リビング階段を取り入れる時は、住宅の断熱性にも配慮し、足元から暖めてくれる床暖房を取り入れたりなど対策をとっておくのがいいのかもしれません。我が家は今のところリビング階段に非常に満足しています。

二つの玄関

我が家の玄関はお客様用と家族用と玄関の動線を二つに分けました。動線を二つに分けることで、メインのお客様用の玄関を常にきれいで物や靴が散らからない玄関にすることができるのです。玄関のきれいさを保てることで、急なお客様にもしっかりと対応できます。玄関は住宅の顔とも言われる部分なだけに常にきれいで美しさを保ちたい空間です。メインの玄関横にシューズクロークを設けました。こちらが家族用の玄関にもなります。

家族の靴をオープン棚に並べ、どこにどの靴があるかが一目瞭然です。子ども達の靴は下段部分にしまい自分達で出し入れできる高さに並べ、履く頻度に合わせて中段と下段に靴を並べます。可動棚なので長靴やブーツなど高さに合わせて棚を自由にアレンジできるので、デッドスペースをなるべく生まずに靴を整理できます。靴や傘だけでなく、外で使用するアウトドア用品や洗車用品、ボールなどのスポーツ用品、ベビーカーや三輪車までもここにしまうことができます。

外で使用して汚れてもそのままの状態で収納できるスペースがあると嬉しいものです。これらはつい玄関部分やポーチ部分に置きっぱなしになりがちですが、これらがきちんとシューズクローク内に収められることで、玄関をきれいにスッキリとしておくことができるのです。シューズクロークから室内への出入りができることで、ここには室内で使用する物も収納しておくことができるのです。ドライバーなどの工具もここにしまっています。またスムーズな動線を確保することで、子ども達が自分の靴を自分できちんと管理する習慣を自然と身に付けることができました。玄関の動線を二つに分けることを私はおススメします。

収納に不満を感じない家

住宅への不満の多くが収納と言われています。その不満を少しでも軽減できるように家造りをする人の多くが収納に充実した家を求めます。収納スペースを設ける際には、まず自分が持っている物をきちんと把握しておくことが大事です。必要な物の量を知ることでどれくらいの収納スペースがあるといいのかということが分かります。

収納スペースは適材適所に必要な物を収納でき、尚且つ少し余裕があるといいのです。それに加えて物の把握がしやすく、物の出し入れがしやすいというのも大事なことです。使い勝手の悪い収納スペースは収納への不満に繋がるのです。例えば、キッチンによく設置されている吊り戸棚。キッチンの収納力をアップさせるには、この吊り戸棚があると便利なのですが、高い位置に設けられたこの吊り戸棚は、収納している物が把握しにくく、また物の出し入れもしにくいです。ここに収納している物を取り出す度に、脚立が必要ということになれば面倒です。吊り戸棚を設置するのであれば、目線の高さまで降りてくるような機能性に優れた吊り戸棚を設置すれば、収納量は確保できますし、物の出し入れもしやすいので不満に繋がりません。

また階段下に生まれるデッドスペースを収納スペースとして活用させる人は多いです。しかし階段下という特殊な形状の下を活用するには、収納アイテムなどを上手に取り入れないと使い勝手の悪い収納スペースとなってしまいます。奥に行くほど天井が低くなっている階段下収納が以前住んでいた住宅にありました。奥行があるため、奥にしまった物が分からず出し入れがしにくかったです。不満の少ない収納スペースにするには物の出し入れのしやすさを考えましょう。

シューズクローク

玄関は住宅の顔とも言われる部分です。また住宅の第一印象を決める非常に重要な空間でもあるので、常にきれいでスッキリとした空間を保ちたいものです。それを実現するために最近では玄関横にシューズクロークを設ける間取りが多いです。
玄関スペースよりもシューズクロークを重視する家庭も多いです。玄関周りのものをシューズクローク内にしっかり収めることで、例え玄関スペースに広さがなくても圧迫感を感じさせずスッキリとした玄関にすることができるのです。

シューズクロークをただ靴や傘をしまう収納スペースとして考える人は少ないです。外で使用する子どものおもちゃや三輪車、ベビーカー、アウトドア用品、旦那さんの趣味のゴルフ用品やサーフボードなど室内にしまうことのできないものを収納する土間収納スペースをシューズクローク内に広々と確保する人が増えてきました。
土間収納があるとこれらの玄関や玄関ポーチ部分に散らかりがちなものを片付けられ、玄関周りをスッキリとさせることができます。そして何よりも外で使用して汚れた状態でもそのまましまっておけるので便利さも高まります。
このようなシューズクロークがあることで、急な来客時でもすぐに対応でき、住宅の第一印象もいいものにしてくれるのです。

それに加えレインコートや上着を一時置きできるハンガーパイプを設置する人もいます。リビングのソファの上に上着や置きっぱなしになっていることがなくなり、リビングを過ごしやすくしてくれるのです。収納力があり玄関周りのものがきちんとしまえるシューズクロークにしたいものです。

ビルトインガレージ

一家に一台、我々の暮らしに車は必要不可欠の存在です。その愛車を安心して管理しておくことも住宅の一つの課題だと思います。そこで我が家はビルトインガレージを取り入れたいなと思っています。私の友人宅もこのビルトインガレージを設けています。
ビルトインガレージであれば、夏の強い日差しにさらされて車が劣化する心配はありません。また風や雨に車がさらさせることもないので、車に小さなキズが付く恐れもありません。車上荒らしなどの物騒な事件も後を絶ちませんが、ビルトインガレージで車をきちんと管理することでこのような心配も軽減します。車の安全性を考えてもこのビルトインガレージは最適です。

それだけでなく、そこで暮らす人にとっても暮らしやすさを実感できる家となるのです。まず車と住宅をスムーズな動線で繋いでくれるのです。ガレージ内から室内へ出入りできるようにしておくことで、雨の日でも冬の寒い日でも車から室内への移動がスムーズに行えます。
友人宅はガレージからシューズクロークへ繋ぎ室内に入れるようになっていました。シューズクロークにすることで靴をきちんと管理できるので便利です。小さい子どもを抱えて外出の際は、少しの雨でも子どもを抱えてカーポートから玄関までの距離が長く感じてしまうものです。ビルトインガレージであれば天候に左右されることなく、住宅内への動線を確保できるので暮らしやすさを実感できます。

また買い物からの帰宅時は荷物がたくさんあります。その荷物を抱えて室内に入るのは意外と体力が必要です。ビルトインガレージであれば車からサッと室内に荷物を搬入できるので便利です。車にとってもそこで暮らす人にとってもビルトインガレージが便利な存在になると思います。

洗面室

女性の多くはキッチンと同じくらい洗面室を重視しているのではないでしょうか。洗面室は実用性が高く求められます。家族みんなの使用頻度が高い空間だからです。生活に欠かすことのできない空間なだけに生活動線に配慮する必要があります。それだけでなく洗濯機を設置することから、家事動線も意識しなくてはいけません。
女性は家事をする場所の一つというだけでなく、ここでお化粧やお肌のナイトケアをするという人も多いです。デザイン性だけでなく実用性も高めたいものです。しかし実際には広さに限りのある空間です。なるべくデッドスペースを生むことなく、収納力をアップさせましょう。

洗面室で一番のデッドスペースは洗面化粧台と洗濯機の間に生まれるわずかな隙間です。この隙間をそのままにしておけばホコリが溜まってしまうだけです。ここにキャビネットを設けたり、可動棚を設ければ、タオルや洗濯関連用品を収納しておく便利な収納スペースとなります。

また洗面化粧台と洗濯機の上部の空いたスペースにも収納を取り付けましょう。洗濯機の上に空洞が生まれデッドスペースが生まれている家庭は多いです。ハンガーを掛けられるスペースとしたり、洗濯時に使用する洗剤などを置いておくスペースとしてオープン棚を設けておくと便利です。洗濯カゴなどついつい床に置いてしまい、洗面室に圧迫感を与えがちになってしまいますが、洗濯機の上部を有効活用させることで空間をスッキリと見せることができます。
また洗面化粧台の上部にキャビネットを設けるのもいいと思います。しかしここは高さがあるので、目線の高さまで降りてくる機能性に優れたキャビネットの方が実用性が高まり、使い勝手のいい収納スペースとすることができます。生活動線にも家事動線にも重要となる洗面室は収納を充実させましょう。

主婦の憧れのスペース

家事や育児に忙しく過ごす主婦が憧れる空間は家事を一か所で行える家事ルームです。最近では間取りに家事ルームを組み込む家庭も多いです。洗面室を広めに確保して、ここを家事スペースとしても活用できるようにしている家庭も多いです。
家事には365日休みがありません。休みのない家事をいかに効率良く、負担に感じず行えるようにしておくかは主婦にとってマイホームへの大きな課題だと思います。家事を効率良く、家事のストレスを感じず生活をするには家事ルームを設けて家事をスムーズに行えるようにしておくといいのです。

この空間は洗面室の隣にする場合が多いです。洗面室には洗濯機を設置します。洗面室で洗濯をし、その隣の家事ルームに室内用の洗濯物干し場を設けていれば、2,3歩移動するだけで洗濯物を干すことができます。この家事ルームにカウンターを備え付けておけば乾いた洗濯物をたたむ便利な台となります。アイロンがけをしたり、裁縫をする時にもこのカウンターがあると便利です。

そしてここに衣類をしまえるようにファミリークローゼットを設けておくのもより家事の効率を高められると思います。衣類の管理をするのも主婦の仕事の一つです。たたんだ洗濯物を各クローゼットにしまうのは意外と大変ですし、住宅内の行ったり来たりが無駄な動きです。家事ルームに家族の衣類を一か所で管理できれば家事の効率も高められるのです。

この空間で洗濯物を干し、たたみ、しまうという一連の作業を行えるので主婦が憧れる空間というのが理解できます。これから住宅を建てる人はぜひこの家事ルームを設けてみてはどうでしょうか。

室内用洗濯物干し場

私の周りには新築住宅を建てた友人が大変増えてきました。我が家も新築住宅を建てることになり、住宅へのアドバイスをたくさんもらっています。
友人達がアドバイスしてくれる中で一番言われたのが室内用洗濯物干し場をしっかり確保しておくことです。屋外用の洗濯物干し場は当然設けます。しかし意外と見落としがちになってしまうのがこの室内用洗濯物干し場です。

梅雨時期など洗濯物の干し場に頭を悩ませたことはありませんか。またこれからの時期は花粉の飛来で屋外に洗濯物を干すことに抵抗を感じる人も多いです。黄砂やPM2.5など健康に悪影響を与える物質が飛来することもあり洗濯物干し場に頭を悩ませる主婦は多いと思います。
そこで必要となってくるのが室内用洗濯物干し場です。室内にも洗濯物をきちんと干せるスペースを確保しておくことで、安心して洗濯物を干すことができます。洗濯は毎日行う家事の一つなだけにこのスペースはしっかり確保しておくといいのです。

友人宅には吹き抜けに面した二階のホールに室内用洗濯物干し場を設けていました。天井に埋め込み式の室内用洗濯物干しなので使わない時はスッキリとしまうことができるので、生活感を全く感じません。また蓄熱暖房を取り入れていたので、吹き抜けを通して温かい空気が二階にも循環し、ここで干した洗濯物がしっかり乾くというのです。
洗濯物が乾かないと干し場に困ってしまします。洗濯物がきちんと乾く環境に室内用洗濯物干し場を設けるというのもポイントです。家事動線も意識しながら最適な場所に設けたいと思います。

Copyright © 2016 学ぼう家造り!. Search Engine Optimization by Star Nine. Distributed by Wordpress Themes