収納に不満を感じない家

住宅への不満の多くが収納と言われています。その不満を少しでも軽減できるように家造りをする人の多くが収納に充実した家を求めます。収納スペースを設ける際には、まず自分が持っている物をきちんと把握しておくことが大事です。必要な物の量を知ることでどれくらいの収納スペースがあるといいのかということが分かります。

収納スペースは適材適所に必要な物を収納でき、尚且つ少し余裕があるといいのです。それに加えて物の把握がしやすく、物の出し入れがしやすいというのも大事なことです。使い勝手の悪い収納スペースは収納への不満に繋がるのです。例えば、キッチンによく設置されている吊り戸棚。キッチンの収納力をアップさせるには、この吊り戸棚があると便利なのですが、高い位置に設けられたこの吊り戸棚は、収納している物が把握しにくく、また物の出し入れもしにくいです。ここに収納している物を取り出す度に、脚立が必要ということになれば面倒です。吊り戸棚を設置するのであれば、目線の高さまで降りてくるような機能性に優れた吊り戸棚を設置すれば、収納量は確保できますし、物の出し入れもしやすいので不満に繋がりません。

また階段下に生まれるデッドスペースを収納スペースとして活用させる人は多いです。しかし階段下という特殊な形状の下を活用するには、収納アイテムなどを上手に取り入れないと使い勝手の悪い収納スペースとなってしまいます。奥に行くほど天井が低くなっている階段下収納が以前住んでいた住宅にありました。奥行があるため、奥にしまった物が分からず出し入れがしにくかったです。不満の少ない収納スペースにするには物の出し入れのしやすさを考えましょう。

シューズクローク

玄関は住宅の顔とも言われる部分です。また住宅の第一印象を決める非常に重要な空間でもあるので、常にきれいでスッキリとした空間を保ちたいものです。それを実現するために最近では玄関横にシューズクロークを設ける間取りが多いです。
玄関スペースよりもシューズクロークを重視する家庭も多いです。玄関周りのものをシューズクローク内にしっかり収めることで、例え玄関スペースに広さがなくても圧迫感を感じさせずスッキリとした玄関にすることができるのです。

シューズクロークをただ靴や傘をしまう収納スペースとして考える人は少ないです。外で使用する子どものおもちゃや三輪車、ベビーカー、アウトドア用品、旦那さんの趣味のゴルフ用品やサーフボードなど室内にしまうことのできないものを収納する土間収納スペースをシューズクローク内に広々と確保する人が増えてきました。
土間収納があるとこれらの玄関や玄関ポーチ部分に散らかりがちなものを片付けられ、玄関周りをスッキリとさせることができます。そして何よりも外で使用して汚れた状態でもそのまましまっておけるので便利さも高まります。
このようなシューズクロークがあることで、急な来客時でもすぐに対応でき、住宅の第一印象もいいものにしてくれるのです。

それに加えレインコートや上着を一時置きできるハンガーパイプを設置する人もいます。リビングのソファの上に上着や置きっぱなしになっていることがなくなり、リビングを過ごしやすくしてくれるのです。収納力があり玄関周りのものがきちんとしまえるシューズクロークにしたいものです。

ビルトインガレージ

一家に一台、我々の暮らしに車は必要不可欠の存在です。その愛車を安心して管理しておくことも住宅の一つの課題だと思います。そこで我が家はビルトインガレージを取り入れたいなと思っています。私の友人宅もこのビルトインガレージを設けています。
ビルトインガレージであれば、夏の強い日差しにさらされて車が劣化する心配はありません。また風や雨に車がさらさせることもないので、車に小さなキズが付く恐れもありません。車上荒らしなどの物騒な事件も後を絶ちませんが、ビルトインガレージで車をきちんと管理することでこのような心配も軽減します。車の安全性を考えてもこのビルトインガレージは最適です。

それだけでなく、そこで暮らす人にとっても暮らしやすさを実感できる家となるのです。まず車と住宅をスムーズな動線で繋いでくれるのです。ガレージ内から室内へ出入りできるようにしておくことで、雨の日でも冬の寒い日でも車から室内への移動がスムーズに行えます。
友人宅はガレージからシューズクロークへ繋ぎ室内に入れるようになっていました。シューズクロークにすることで靴をきちんと管理できるので便利です。小さい子どもを抱えて外出の際は、少しの雨でも子どもを抱えてカーポートから玄関までの距離が長く感じてしまうものです。ビルトインガレージであれば天候に左右されることなく、住宅内への動線を確保できるので暮らしやすさを実感できます。

また買い物からの帰宅時は荷物がたくさんあります。その荷物を抱えて室内に入るのは意外と体力が必要です。ビルトインガレージであれば車からサッと室内に荷物を搬入できるので便利です。車にとってもそこで暮らす人にとってもビルトインガレージが便利な存在になると思います。

洗面室

女性の多くはキッチンと同じくらい洗面室を重視しているのではないでしょうか。洗面室は実用性が高く求められます。家族みんなの使用頻度が高い空間だからです。生活に欠かすことのできない空間なだけに生活動線に配慮する必要があります。それだけでなく洗濯機を設置することから、家事動線も意識しなくてはいけません。
女性は家事をする場所の一つというだけでなく、ここでお化粧やお肌のナイトケアをするという人も多いです。デザイン性だけでなく実用性も高めたいものです。しかし実際には広さに限りのある空間です。なるべくデッドスペースを生むことなく、収納力をアップさせましょう。

洗面室で一番のデッドスペースは洗面化粧台と洗濯機の間に生まれるわずかな隙間です。この隙間をそのままにしておけばホコリが溜まってしまうだけです。ここにキャビネットを設けたり、可動棚を設ければ、タオルや洗濯関連用品を収納しておく便利な収納スペースとなります。

また洗面化粧台と洗濯機の上部の空いたスペースにも収納を取り付けましょう。洗濯機の上に空洞が生まれデッドスペースが生まれている家庭は多いです。ハンガーを掛けられるスペースとしたり、洗濯時に使用する洗剤などを置いておくスペースとしてオープン棚を設けておくと便利です。洗濯カゴなどついつい床に置いてしまい、洗面室に圧迫感を与えがちになってしまいますが、洗濯機の上部を有効活用させることで空間をスッキリと見せることができます。
また洗面化粧台の上部にキャビネットを設けるのもいいと思います。しかしここは高さがあるので、目線の高さまで降りてくる機能性に優れたキャビネットの方が実用性が高まり、使い勝手のいい収納スペースとすることができます。生活動線にも家事動線にも重要となる洗面室は収納を充実させましょう。

主婦の憧れのスペース

家事や育児に忙しく過ごす主婦が憧れる空間は家事を一か所で行える家事ルームです。最近では間取りに家事ルームを組み込む家庭も多いです。洗面室を広めに確保して、ここを家事スペースとしても活用できるようにしている家庭も多いです。
家事には365日休みがありません。休みのない家事をいかに効率良く、負担に感じず行えるようにしておくかは主婦にとってマイホームへの大きな課題だと思います。家事を効率良く、家事のストレスを感じず生活をするには家事ルームを設けて家事をスムーズに行えるようにしておくといいのです。

この空間は洗面室の隣にする場合が多いです。洗面室には洗濯機を設置します。洗面室で洗濯をし、その隣の家事ルームに室内用の洗濯物干し場を設けていれば、2,3歩移動するだけで洗濯物を干すことができます。この家事ルームにカウンターを備え付けておけば乾いた洗濯物をたたむ便利な台となります。アイロンがけをしたり、裁縫をする時にもこのカウンターがあると便利です。

そしてここに衣類をしまえるようにファミリークローゼットを設けておくのもより家事の効率を高められると思います。衣類の管理をするのも主婦の仕事の一つです。たたんだ洗濯物を各クローゼットにしまうのは意外と大変ですし、住宅内の行ったり来たりが無駄な動きです。家事ルームに家族の衣類を一か所で管理できれば家事の効率も高められるのです。

この空間で洗濯物を干し、たたみ、しまうという一連の作業を行えるので主婦が憧れる空間というのが理解できます。これから住宅を建てる人はぜひこの家事ルームを設けてみてはどうでしょうか。

室内用洗濯物干し場

私の周りには新築住宅を建てた友人が大変増えてきました。我が家も新築住宅を建てることになり、住宅へのアドバイスをたくさんもらっています。
友人達がアドバイスしてくれる中で一番言われたのが室内用洗濯物干し場をしっかり確保しておくことです。屋外用の洗濯物干し場は当然設けます。しかし意外と見落としがちになってしまうのがこの室内用洗濯物干し場です。

梅雨時期など洗濯物の干し場に頭を悩ませたことはありませんか。またこれからの時期は花粉の飛来で屋外に洗濯物を干すことに抵抗を感じる人も多いです。黄砂やPM2.5など健康に悪影響を与える物質が飛来することもあり洗濯物干し場に頭を悩ませる主婦は多いと思います。
そこで必要となってくるのが室内用洗濯物干し場です。室内にも洗濯物をきちんと干せるスペースを確保しておくことで、安心して洗濯物を干すことができます。洗濯は毎日行う家事の一つなだけにこのスペースはしっかり確保しておくといいのです。

友人宅には吹き抜けに面した二階のホールに室内用洗濯物干し場を設けていました。天井に埋め込み式の室内用洗濯物干しなので使わない時はスッキリとしまうことができるので、生活感を全く感じません。また蓄熱暖房を取り入れていたので、吹き抜けを通して温かい空気が二階にも循環し、ここで干した洗濯物がしっかり乾くというのです。
洗濯物が乾かないと干し場に困ってしまします。洗濯物がきちんと乾く環境に室内用洗濯物干し場を設けるというのもポイントです。家事動線も意識しながら最適な場所に設けたいと思います。

リビング収納

リビングは家族が長時間過ごす場所です。住宅の中で一番くつろげて、リラックスできる空間にしたいものです。そう考える人は大半だと思います。
しかし人が集まる空間なだけに物も自然と集まってしまうのです。
持ち歩いたカバンがリビングの床に置きっぱなしになっていたり、着ていた上着やソファの上やダイニングのイスに置きっぱなしになっていることはありませんか。

このように家族が集まる場所に物が散らかれば高い快適性は維持できません。
高い快適性を維持するためにはリビングにこれらを収納できるスペースを設けることがベストなのです。
収納を充実した家を誰もが求めるのですが、その中でも見落とされがちなリビング収納。
リビング収納を設けて快適に最高に安らげる空間を演出したいものです。
上着を一時置きできるように掛ける収納も充実させます。カバンや子ども達の幼稚園カバンやランドセルも一時置きできるオープン棚もあると便利です。
その他にも子どものおもちゃや日用品までしっかりしまえるリビング収納があると大変便利で暮らしやすさに繋がると思います。

我が家も新築住宅を建てる予定なのですが、ぜひこのリビング収納は設けたいと思っています。
我が家はテレビを設置する奥のスペースにリビング収納を設けて両サイドから行き来できるように回遊型のリビング収納にする予定です。
回遊型にすることで家族が同時に行き来しやすくなります。

またテレビの奥という身近な場所に収納スペースを設けることで、旦那さんや子ども達も積極的に整理をするようになると期待しています。
最高のリビングにするには最高のリビング収納があると良さそうですね。

主婦の味方になる浴室

浴室は光熱費に大きく影響を与える場所です。
それだけに家計を守る主婦は節水でき光熱費を節約できる浴室を望むものです。
今までの浴槽は断熱効果が弱く6時間で5~6度お湯の温度が下がっていました。
最近の浴槽は断熱性の高い浴槽で6時間経っても2~3度しかお湯の温度が下がらないのです。また追い焚き機能や自動保温の必要性も減るので光熱費に大幅な削減が期待できます。

また湯量が少なくて済む浴槽になってきました。浴槽のサイズも光熱費削減には深くかかわってきます。最近の浴槽は浅くなってきました。
角部分を丸くしたり、浴槽内に半身浴用のステップを設けたりすることで従来は300リットル以上だった容量が今では約260リットル程度にまで少なくなったタイプもあるのです。その分水道代や光熱費が削減できるというわけです。

また入浴中面倒くさくてついつい水やお湯を出しっぱなしにしてしまうものです。
しかし最近のシャワーヘッドには水の出し止めようのスイッチが付いているタイプがあり、手元で簡単に水の出し止めができるので無駄な水やお湯を使わなくなります。
これも光熱費の節約に繋がるのです。主婦が気にするのはもう一点、お手入れが簡単な浴室であることです。湿った状態では人のアカや石鹸カスで細菌が繁殖し、カビや汚れが発生します。特につなぎ目部分が汚れやすいです。

抗菌性を持った樹脂の床材を使うことで、床を清潔に保つことができ、溝が浅いデザインが多いため掃除がしやすくなるのです。
汚れが付きにくいタイプの床も多いです。主婦目線で浴室を選びたいものです。

快適な室内

快適な室内を保つためには窓の存在が非常に重要なのです。
最近では住宅の気密性や断熱性が高まっています。
それと同様に窓の気密性・断熱性も高まっています。

熱の流出は一番窓からが大きいのです。これが約50%です。
その他屋根は6%、換気17%、外壁19%、床10%ほどと言われています。
快適な室内を保つためには窓に注目しなければいけないのです。
遮熱高断熱複層ガラスや樹脂サッシを使用することで気密性や断熱性は非常に高まります。

夏においては約70%の熱が窓から入ってきます。
このような機能性に優れた窓にすることで夏の日差しを60%もカットしてくれるのです。
よって冷房を効率よく使用でき光熱費にも大きく関わってくることでしょう。
また紫外線もカットしてくれるので、紫外線による日焼けも抑制してくれるのです。

冬は約50%の熱が窓から逃げていきます。
暖房を効率よく使用するためには窓への対策が必須なのです。
冬場は窓の結露に悩まされている人も多いのではないでしょうか。
窓の断熱性が低いと結露しやすくなります。お手入れが大変ですし、お手入れを怠るとカビが発生して衛生的にもよくありません。
結露対策としても断熱性の高い窓の設置は有効的なのです。

また気密性を高めることで音に左右されない家を実現できます。
外から入ってくる音に左右されることなく快適に過ごすことができます。
また室内から発せられる音も外に漏れる心配もありません。

住宅の中で窓の存在はあって当たり前という感覚ですが、機能性を重視することで住宅の快適性は大きく変わってきます。窓に注目した家造りが必要だと思います。

身支度が楽しくなる洗面室

女性ならキッチンと同じくらい洗面室にこだわりたいと感じるのではないでしょうか。
洗面室でお化粧をしたりヘアセットをしたりと身だしなみを整える女性は多いです。
現在住んでいる洗面室は狭く居心地がよくないので化粧はダイニングテーブルで行っています。
食事をするテーブルとお化粧をするテーブルが同じというのは以前から抵抗がありました。

新築住宅の洗面室は身支度が楽しくなるような洗面室を目指したいと思っています。
それには収納力と女心をくすぐるデザイン性の高さが必要だと思います。
また洗面室は家族が使用するだけでなく来客者が使用することもあります。
それだけにオシャレさも求められる空間なのです。
モザイクタイルで可愛らしさと空間のアクセントになるシンプルで使いやすい洗面化粧台にするといいなと思っています。
飽きがこないようにナチュラルなカラーを使用するのも一つのポイントだと思います。

ゆっくりと化粧できるようにイスを置けるような広さを確保しておくのもいいなと思います。
使わない時は洗面台の下にしっかり収納できるようにしておけば邪魔にならずに済みます。
洗面ボウルや蛇口も使用するモザイクタイルの雰囲気に合うデザイン性の高い物にすると一気に洗面室の雰囲気も変わってきます。
洗面室は限りのある空間です。また使用頻度の高い場所でもあります。
身支度をするだけでなく家事を行う空間でもあるので家事効率も高めてくれるようにしておくのも一つのポイントだと思います。
洗面室もキッチン同様にこだわりを持ちたいと思っています。

Copyright © 2015 学ぼう家造り!. Search Engine Optimization by Star Nine. Distributed by Wordpress Themes